伝統的な留袖は購入するよりレンタルが手軽で便利

日本の礼服

紺色の着物

歴史が長い国では、民族衣装として着用されてきた服が存在します。民族衣装は世界各国に存在し、布といっても繊維の織り方やデザイン、着用の仕方など特徴が見られます。
日本の民族衣装や伝統衣装と呼ばれるものが和服です。和装とも言われ、狩猟から耕作が始まった時代から着用されています。
今のTシャツやYシャツよりも着用方法が複雑ですが、行事によって着物の種類を変えたり、羽織る枚数を変えたりと様々な着方があります。

現在、ファッション業界は発展を続けており、ファッションブランドも数多く存在します。好きなスタイルを自由に選べるため、それぞれの個性を洋服で強調できます。
なかには自分でデザインした洋服を着用する人も存在しますが、季節ごとに購入するのが一般的です。
安い価格で販売している店舗も数多く存在しますが、ブランドとして高額で販売している店舗も人気を消費者から集めています。
購入する方法のほかに、利用されているのがレンタルです。特に振袖や留袖などは、式典や祝いの席があるときなどに自分の背丈にあったサイズをレンタルしている人が多くいます。

一昔前までは、家族代々受け継がれてきた着物が着用されてきました。
しかし、核家族化が進行したことで先代との繋がりが薄れ、洋服文化が定着したことで着物を購入する機会も無くなりつつあります。
着物は高級品なので、一着あたりでも高額な価格が付けられています。
また手入れも難しいため、一般的な洋服と合わせて洗濯機で洗うことが難しく、クリーニング店に依頼する必要があります。
レンタルは購入するより料金が安く、着用したあともそのまま返却が可能です。また、帯や帯締めなど着用に必要なアイテムと草履もまとめてレンタルできるので買い揃える必要がありません。

着付け

和服の女性

着付けは1人でもできますが、着付け方法が分からない場合は美容室やレンタル専門店に着付けを依頼できます。結婚式の場合は、そのまま式場やホテルでも着付けが依頼できます。花嫁の白無垢、親族の留袖も着付けを依頼できます。

Read more

黒い式服

和服を着た女性二人

留袖は既婚者が着用する着物として知られています。黒地をベースに足元のデザインが品の良さを演出しています。レンタル専門店では、細部にわたってデザインが施された留袖が人気です。

Read more

まとめて借りる

ピンクの着物

留袖は購入すると値段が高いものが多くありますが、レンタルなら格安で済ませられます。レンタル専門店では留袖に合わせた帯や帯留め、カバンや草履など一式を自由に選べたり選んでもらったりできます。

Read more

↑ PAGE TOP