伝統的な留袖は購入するよりレンタルが手軽で便利

まとめて借りる

ピンクの着物

女性が和装をする機会は、着物に関する仕事に従事していたり、よほど着物を着ることが好きでいない限り、一般的には非常に限られていると言えます。
こと振袖に関しては成人するまでの間になるので、幼いころの七五三に始まり、成人式や大学での卒業式といったタイミングで着用する姿が見られます。
しかし、日本のこの素晴らしい文化の象徴である和服を、もっと多くの人が尊重すべきだという声もあります。
昔であれば当たり前に着られていた着物も、今では文明の進化で洋服にとって代わられ、普段着られることはなくなりました。
それなら、機会があればぜひ、和装をしようという考え方も戻りつつあります。
結婚式に呼ばれたときには、和装ができるチャンスとなるのです。

歴史のある着物ですが、やはり現代になるに連れて、もっと現代人の私たちにとって身近に感じられる存在になるように、だんだんと進化を遂げてきました。
それはデザインであったり、素材であったり、と着物のベースの部分は残したまま、現代風にひと手間ふた手間と加えたものが多いです。
例えば、若者が振袖を着て街中などにも出向くことができるように、裾を少し短めにしたものや、重厚で豪華というよりも、カジュアルでかわいらしいイメージのデザインや色合いのものも多く出回り、非常に人気が出ています。
その分価格も抑えめで、レンタル等を利用すれば、低価格で様々な格好を楽しむことができます。
このように、着物の文化を残していけるように、様々な工夫が行われているのです。