伝統的な留袖は購入するよりレンタルが手軽で便利

黒い式服

和服を着た女性二人

最近の若い人は着物を着る事はとても珍しくなりました。
成人式の日でも振袖ではなく衣類で出席される方も居ます。
確かに振袖購入はとても高額で数時間だけの為に購入する事が出来ないと言う過程の経済状況にも関係してくると思います。
無理をしてでも購入しなくてはならないという訳でもありません。
しかし購入ではなくレンタルという仕組みもあります。
購入の場合安く見積もっても30万前後するかもしれませんがレンタルであれば10万前後で出来るのが魅力です。
ファッションは自分自身の個性が大切です。
衣類の方が好きで自分自身をアピール出来るものであるという考え方であるならばそれもありかと思います。
自分に合ったものを着てこそお洒落なファッションの仕方だと思います。

和装は洋装と違って購入した時は高額だったにも関わらず、その時の行事が終わればただのゴミと化してしまいがちなものです。
しかし捨てるに捨てれずタンスの肥やしとなっている家庭は少なくないはずです。
姉妹や親戚が居たらレンタルも出来るのでしょうが、そうでなければしまい込んだきり何てこともあるでしょう。
その内に色もあせ柄も時代によって違ってくるので時代遅れな物となってしまいます。
ではそんな和装着物をどうしたらいいのでしょうか。
この先着る機会がないのであれば全く別の衣類や小物としてアレンジしてみてはいかがでしょうか。
和と洋をコラボレーションした普段でも着れるような物に変化させたりバッグや小物入れ、クッションカバーなど様々な物へ変化させる事が出来ます。
せっかく世界に誇れる憧れの着物の国に産まれたのですから古来からある日本文化を守っていけたらいい事ですね。